通信サービス比較(Xi、WiMAX、ULTRA SPEED、EMOBILE G4って?) | 話題・人気のスマホアプリやサービスを特集して紹介 | スマホ情報は≪アンドロック≫

通信サービス比較(Xi、WiMAX、ULTRA SPEED、EMOBILE G4って?)

通信サービス比較目次

はじめに

dcomoより次世代通信サービス『Xi(クロッシィ)』対応のスマートフォンが発表された。
それに伴い、他キャリアでも通信サービスの強化が始まり、スマートフォン通信の新時代が予感される。

Xi、WiMAX、ULTRA SPEED EMOBILE G4

今回は各キャリアの高速通信サービス

  • docomo 【Xi(クロッシィ)
  • au 【+WiMAX(ワイマックス)
  • softbank 【 ULTRA SPEED(ウルトラスピード)
  • イーモバイル 【EMOBILE G4(イーモバイル ジーフォー)
について調査してみた。

通信サービス基本情報

パケット通信

パケット通信というのはデータをひと塊にして通信する形式だ。
ネットサーフィンやメール送受信などで主に使われる。
各社のサービスによくある『パケットし放題』とは、このパケット通信が使用無制限になるサービスのことを言う。
通信速度を上げることでこのパケット情報をすばやく入手することが出来、ネットサーフィンが快適になる。

通信速度

上り:アップロード
下り:ダウンロード

通常のインターネット利用(ネットサーフィン、動画サイト閲覧など)では
特に下り速度の方が重要といえる。

速度単位

Mbps【megabit per second】

通信速度の単位の一つで、1秒間に何百万ビットのデータを送れるかを表す値。
画像などファイルのサイズや、USBメモリなどで聞くバイトとは、8ビット=1バイトで変換できる。

Yahoo! JAPANトップページを1回開くのに受信するデータ量は公式で『約0.5Mバイトから1Mバイト』と発表されている。
つまり下りの通信速度が1Mbpsが出ていれば約8秒で表示されるということだ。

これもまた、各社で下り最大○○Mbpsなどという形で表示されているが、
その数値はあくまでその通信規格の最大値であり、場所や時間に左右される。
リアルタイムの情報が欲しい場合はリアルな通信速度を計測出来るアプリなどもあるぞ。

以上を踏まえて、各通信サービスを比較してみた。

速度比較

公式発表の速度比較では以下の通りだ。

①【EMOBILE G4】(下り:42Mbps)
②【ULTRA SPEED】(下り:42Mbps)
③【+WiMAX】(下り:40Mbps)
④【Xi】(下り:37.5Mbps)
※下り速度が同じ場合は上り速度で比較している

ただし【Xi(クロッシィ)】は羽田空港や新大阪駅などの一部屋内では下り75Mbpsと他を引き離す通信速度を誇る。
実際に実機でテストをした際、羽田空港では下り速度が30Mbpsを超えることもあった為
スペックとしての数字よりも、対応エリアや通信の強度も考慮したいところだ。
また、SoftbankのULTRA SPEEDは対応モデルのみ21Mbpsの通信を2つ使用して42Mbpsにしている。
2011-2012冬春モデルのスマートフォンでは、21Mbpsに限られるので注意したい

対応エリア

①【+WiMAX】
②【ULTRA SPEED】
③【EMOBILE G4】
④【Xi】

【+WiMAX】はサービス開始が2009年からであったこともあり、エリア対応率ではトップだ。
逆にサービスが開始されたばかりの【Xi(クロッシィ)】は正直まだ対応エリアは狭い
ただし大幅なエリア拡大が計画されており、順調以上のペースで進んでいる。

月額金額(各種基本プラン契約込み)

※現在発表されているキャンペーンを適応させた場合

①【EMOBILE G4】(3880円~)
②【Xi】(5505円~)
③【ULTRA SPEED】(6755円~)
④【+WiMAX】(6755円~)

ソフトバンクのみキャンペーンが発表されていないが、
これから通信サービス市場が活性化するにつれてお得なキャンペーンが組まれる可能性は期待できる。

対応機種(発表されているものを含む)

①【Xi】(ルーター/タブレット/スマートフォン 計10モデル)
②【ULTRA SPEED】(ルーター/スマートフォン 計7モデル)
③【+WiMAX】(ルーター/スマートフォン 計6モデル)
④【EMOBILE G4】(ルーター 計2モデル)

この順位には好みが出てしまうが、【Xi(クロッシィ)】はルーターにタブレットとスマートフォンといった形で対応する端末の種類が多い 逆に【EMOBILE G4】はルーター(外部に取り付けPCなどで利用できる機材)のみなので、使い勝手はやや悪く、ユーザビリティの面で不満がある。

総評

速度、値段、対応環境などを踏まえた個人的な評価は以下の通りだ。

1位
【+WiMAX】
今広範囲で安定した速さを求めるならばWiMAXがオススメだ。
やはりサービス開始が早かった為環境が整っており、使用に安心感がある。

2位
【Xi】【ULTRA SPEED】
【Xi(クロッシィ)】は速度やサービス、対応端末が充実し、あと半年もすれば首位に立てそうな勢いだ。
逆に【ULTRA SPEED】はまだ普及に本腰を入れていないような印象がある。これからサービスの拡張やキャンペーンが始まることを期待したい。
両者とも将来性を見て、同率の2位とした。

3位
【EMOBILE G4】
通信速度や値段的には文句が無いものの、対応がルーターだけというのが残念。
使用者を選ぶ通信サービスといった印象だ。

通信サービスは慎重に選ぶのも良いが、実際に既存の通信と比べてどれも進歩をしている。
試しにやってみよう、という気持ちで使ってみても後悔はしないかもしれない。
ちなみに、新通信サービスを使用していても対応エリア外になれば既存の通信サービスを利用することが出来るので安心だ。不安な場合は確認しておこう。

また各キャリアともさらに新しく高速な通信サービスの導入も視野に入れているとのことなので、今だけでなくこれからの動向にも期待している。



あなたにオススメの記事

この記事を共有する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

オススメ新着記事

Recommended by

スマホ情報のAndRockを共有する



follow us in feedly


アンドロイド携帯向けアプリの人気ランキングページです。ビジネスに、遊びに、とてもお役立ちのアンドロイドアプリが勢ぞろい。どのアプリも人気のある「10個」です。厳選されたラインナップ。もしかしたらあなたの携帯ライフを劇的に変えるアプリも現れるかもしれません!日々変わるこのアプリのランキング動向を、ぜひチェックしてください。




人気・定番のアンドロイドアプリレビュー

神式一閃 カムライトライブ

神式一閃 カムライトライブ

常識を覆すキャラ育成が魅力

ファイナルファンタジー15 新たなる王国 (Final Fantasy XV)

ファイナルファンタジー15 新たなる王国 (Final Fantasy XV)

圧倒的クオリティでプレイする新たなFF15!

Cytus

Cytus

台湾が生んだ新感覚音ゲーを体感せよ!

Akinator the Genie FREE(アキネーター)

Akinator the Genie FREE(アキネーター)

伝説の推測魔人Akinatorがついに無料に!




スマートフォン、アンドロイド、アプリの使い方を解説

LINE アプリの使い方 完全マニュアル(Android,iPhone)

6000万ダウンロードを突破した無料通話・チャットが使える神アプリLINEの使い方のまとめ


Viberの使い方、設定まとめ (Android , iPhone)

無料通話のできるViberの使い方から、初期設定、日本語化などなどのまとめ


Skypeの使い方、設定(Android , iPhone)

無料通話・無料チャットの定番Skypeの使い方まとめ


無料・おトク電話アプリ「050 plus」のまとめ

スマートフォンで月額を抑えたい人におススメのアプリ!「050 plus」の使い方を解説




ドラゴンボールZドッカンバトル攻略情報
ONE PIECE トレジャークルーズ攻略情報
LINE アプリの使い方 完全マニュアル(Android,iPhone)
インスタグラム完全使い方ガイド
iPhone説明書
LINEで絶対使いたいLINEスタンプ検索

アプリ人気ランキング

Androidアプリ
iPhone/iOSアプリ

2
Battery Mix (バッテリーミックス) Battery Mix (バッテリーミックス)

バッテリーの使用状況を分かりやすくグラフで表示

カテゴリ: バッテリー管理

5
Coke ON (コークオン) Coke ON (コークオン)

自販機で買ってスタンプを溜めよう!

カテゴリ: イベント


▼アンドロイドアプリのランキング

新着スマホ情報


▼アプリ・記事の新着一覧へ

LINEで使えるオススメのスタンプアプリ まとめ20選

スマホアプリ カテゴリ一覧

スマートフォンサイト
QR-code AndRock(アンドロック)は、スマートフォンでもご利用いただけます。 QRコードスキャナーで読み取ってご利用ください。
Follow Us